4時まで2分 朝まで5分

玄樹なの?丈くんなの?どっちも好きなの!

2018年

 

 

1月

 

あけおめで幕を開けた今年。4日夜に入ったけどBIG GAMEが悔しすぎてほとんど記憶にない。大阪城ホールの丈くんには悔しい思い出しかないから、来年は幸せな気持ちになりたいな。

 

 

 

そしてすぐにリューンお稽古のために東京へ。死ぬほど悩んだ1月。スカイツリーを見たらその時の気持ちを思い出してしまうって後々知ることになる。

 

 

PON!のスタジオ生出演は本当に嬉しかった。結果論ですけど、スタジオに呼ばれた関西ジャニーズJr.ってなにわ男子の7人と関西ジャニーズJr.を卒業した文一くんだけなんですよ。

 

 

その頃私は、卒論を年内に終わらせたからすごく暇だった。何で年内に終わらせたかというと、丈くんも年が明けたらリューンのお稽古で忙しいから、卒論は年内に終わらせるだろうなって思ったから。こういう時に同い年というのは心の支えになる。

 

 

 

卒論提出日に玄樹くんがデビューを決めた。すごく悩む人だから、この日にたどり着くまでやめようと思ったことだって沢山あったはずだ。デビューの夢を叶えたこと、諦めずにアイドルでい続けてくれたこと、この先も夢を叶える姿を見られること、本当に嬉しかった。なにより、そこにゆうた達の姿があることが何よりも心強かった。実際、今の私はゆうた達にとても助けられている。

 

 

 

 


2月

 

お誕生日おめでとうの気持ちを胸に乗り込んだ新幹線。青山青年会館に向かう途中に人生で初めての遭遇をする。東京って本当にすごいなって思った。大阪歩いてても芸人としか遭遇しないもん。あの日見た姿がジャニーズとして最後の姿になるなんて考えもしてなかった私は(リアル渋谷王子…)って思っていた。そして声はかけられなかったけどデビューおめでとうの念だけ飛ばした。

 

たどり着いた青山青年会館。沢山の仲間が来てくれたね。全く客席を見れないところが丈くんらしいっちゃらしい。あのときほど隣に大橋くんがいることに感謝した日はない。隣にいるのが大橋くんだからこそきちんと泣けたんだと思うよ。

 

3列目の逆襲という言葉が嬉しいような、悔しいような。

 

 

 

 


3月


やっとSHOCKに行けた。これに尽きる。大好きな世界だった。なにわ男子になってもSHOCKに出たい気持ちだけは持ち続けてほしいな。

 

 

主演舞台を経て帰って来た松竹座。やっぱり3列目だった。何をしたら1列目に立てるんだろうってずっと考えてた。こっちが崩れたところで上が崩れない限りどうしようもないんだなって、漠然とそう思っていた。

 


去年の夏、玄樹が着てた衣装を着て横アリのセンターステージに立つ宮近くんを見て間接的いわちかをくらったのも良い思い出です。いわちかは我々の想像を遥かに超えてやってくる。

 

シンデレラガールが良い曲すぎてガッツポーズしたのも3月。さっきまで君のことを知らなかったような人が、君の魅力に気付くのが楽しかった。キミが思うよりボクはキミを想っているよ。

 

 

そして大学を卒業した。16年間の学生生活に別れを告げた日、丈くんもまた学生生活に別れを告げていた。

 

 

 

 


4月

 


社会人5日目。新任研修前に見たメールのおかげで何も頭に入らなかった。今年の丈くんは沢山の世界に連れてってくれるね。自転車で転けてたのも4月か。

 

 

玄樹くんが宮近くんと元太くんと焼肉行ったのも4月だった。ジャニーズwebでの連載が始まったのも4月。いつも丁寧な文章だね。玄樹くんらしい、アイドルとしての信念がブレない文章が大好きだよ。

 

 

 

大好きな映画のDVDが発売されたのも4月か。解散どころか、今はアイドルとして同じ夢に向かう仲間になってるよ。あの夏が少しでも今に繋がってるなら、そんな嬉しいことはないよ。

 

 

 

 

 

 

 

5月

 


何と言ってもKing&Princeのデビュー。未だに実感がなくてふわふわしてる。そろそろ実感したいなぁ。初めてCDを手に取った時の気持ちは絶対に忘れたくない。自分が思っていた以上に、この日が来ることを待ち望んでいたのかもしれない。夢を叶えてくれてありがとう。

 

 

 

言われ慣れてるかもしれないけど改めて、

 

 

 

岩橋玄樹は世界一のアイドルだよ。

 

 

 

 

 

 

6月


まずは滝沢歌舞伎。ジョーハシンメ☺️って思いながら大橋くんのシンメを双眼鏡で覗いてもいない。え???どこにいるの??って思っていたら大橋くんの隣にいた。そこにいたんかい!!!が多かったでお馴染み(?)の滝沢歌舞伎

逆転ラバーズを踊る姿を見て、何とも言えない気持ちになった。ジャニーズ15年目だよ。あんな端っこで、あんな笑顔で踊ってる姿を見れるなんて思ってもなかった。そしてあの場所で、あの笑顔で踊る丈くんのことをまた大好きになった。

 

 

 

そしてKing&Princeハイタッチ。一生分の刹那を見た気がする。刹那が飛び交っていた。岸くんが他の人の話を聞かなすぎて客席すら(岸くん!落ち着いて!)ってなってた。だけどなにも変わらない岸くんがそこにいて嬉しかった。

本調子じゃない玄樹くんをいつも以上に甘やかす国民的彼氏を見て、じ、じ、じぐいわ…ってなった。彼らはデビューしようがいつだってじぐいわだ。
あと生で見るたびに思うけど神宮寺くんが本当にかっこいい。これだけは何回見ても慣れない。


デビューおめでとうを手にいっぱい込めた。本当におめでとう。

 

 

 

 

7月


夏のキスマイドームはやっぱり最高だった。生まれ変わったら玉森くんみたいな人になりたい。

 

 

 


8月


あの日のことをまだ上手く文章にできないでいる。これから先もまとまる予定がない。6人のことはもちろんだけど、やっぱり3人のことが大好きだった。あの演出を、あの衣装を誰よりも大切に思っているのはきっと3人だから。一生叶わないな。
かいちゃんが声を掠めながら「終わらない夢を描こう 雨の日も風の日にもずっと」と歌った。これから先、雨の日も風の日も、共に夢を描ける仲間がこの上なく頼もしかった。

 

 

 


丈くんを応援するようになってから、ずっと悔しい思いがあったんだと思う。どうやらそれが限界まで来ていたらしい。これ以上3列目に立つ姿を見るのがしんどかった。松竹座を出てすぐに「秋にユニット発表がなかったらもう関西現場に行くのはやめる」と謎宣言を残した。そんな決心ができたのは、あの5人に、あの曲に出会ったからだ。

 

 

 

 

 

9月


完全に嵐の前の静けさだった。
今年の漢字が「災」だったとおり、私と丈くんが住む大阪は、地震や台風で甚大な被害を被った。だけど丈くんは6月の地震のときは名古屋に、9月の台風のときは東京にいた。丈くんが大阪を守ってくれてるのかも、なんて馬鹿げたことを考えていた。丈くんと大吾くんが電話したって聞いて、エンドレス!だなんて浮き足立ってた私はまだまだ甘かった。

 


遠く離れた宮城の地で友だちの誕生日をお祝いする玄樹くんはやっぱり大好きな玄樹くんだった。


Mステスペシャルも9月だった。好きな男が全員出てたとんでもない番組だった。

 

 

 

 

 

10月


あまりにも沢山のことが起こった。

 

4日、雑誌の早売りで全てを知る。とにかく嬉しかった。何の迷いもなく全てを受け入れた。葛藤も、不安も、不満も何もなかった。

やっと解放された、とさえ思ってしまった。1列目に立つことよりも、3列目に引っ張られることがなくなったんだなっていうのが本音。  

 

 

6日 なにわ男子結成日。この日に大吾くんがジャニーズwebを更新。大吾くんを皮切りになにわ男子のターンが回ってきた。

本人の言葉を目にして受け入れていく人たちと、それでも断固としてなにわ男子を受け入れられない人たち。

正直どちらともどうでもよかった。あのとき、あの7人に投げかけられた言葉を私は絶対に忘れない。あのときに少しでも7人を傷付けたなら、これから先は何も言わないでほしいとすら思ってしまった。それくらい悔しい言葉が沢山投げかけられていた。同担も、他担も、なんでそんなこと言えちゃうんだろうって悔しかった。

だけどそれは今までの私がしていたことで、それまでの丈くんのいた場所を否定し続けたから、なにもいう権利すらないのかもなぁと思った。そしてメンバーカラーが青色になった。君によく似合う色だ。

 


8日 初めてのA.B.C-Z座。そしてあの子と出会う。初めて電流が走った。君が「岩橋玄樹」をどれだけ自分の中に落とし込んでいるのか、意識しているのかは分からないけど、あの時の君に沢山助けられることになる。君は今の私の希望になっている。

 


12日 早くも最後のA.B.C-Z座。担当ではない人に初めてお手紙を書いた。

 


14日 タイヨウのうた。顔が可愛かった。

 


20日 言う決断をした玄樹くんは、世界で一番美しい。

 

 

26日 待ってるからね!と強く信じることができない自分に驚いた。信用してないわけでも、信頼してないわけでもない。ただ、戻ってくることが1番の幸せなのかが分からない。だけど、「絶対に戻って来る」という言葉を信じさせてくれる今までがある。それだけで充分だった。どうなるかは分からない。どうなるのかな。未だに途方も無いくらい悲しいけど、いつか笑顔で会える日が来たらいいな。何年でも待つ覚悟はできたよ。

 


30日 1列目に立つ姿が眩しかった。やっとだ。誰とも被らず、マイクを持っている人のバックダンサーをすることもなく、新しく作られた丈くんのための衣装を着て、当たり前のように1列目に立っている。

 

 

 


11月


やっぱり悲しい。悲しさでいっぱいだ。待つ覚悟はしたのに、肝心のいないことを受け入れる覚悟をし忘れていた。

いるはずの場所にいない、映るはずのところで映らない。歌うはずのパートは神宮寺くんが歌ってくれたね。5人の優しさと、強さを思い知った。あの場所は玄樹くんしか立てない。

 

 

ジャニーズwebでなにわ男子の連載が始まった。どう考えても7人が好きだ。例え未来が確約されてなくとも私はゴリゴリに箱推しだ。

 

 

 

12月


松竹座で1列目に立つ丈くんは、相変わらず小島健に首ったけだった。コジマへの絡み方がウザすぎて、コジマが露骨に嫌な顔をするようになったのが今回の収穫です。そういうところも居心地がいいんだと思うよ。

 


22歳の玄樹くんが、今まで以上に幸せを感じられますように。美味しいハンバーガーに出会えますように。また会いましょう。

 

 

 

アイドルは君の天職だよ。

 

 

 

何をどうしても悲しいものは悲しい。

 

私にできることはなんだろうって考えるけど、どれも正解でどれも不正解だ。

 

“必ず戻って来る”という言葉を信じられない自分が悔しい。

 

信じられない、というよりも信じることで負担を与えるなら信じなくてもいいかなと思った。

 

 

 

 

君はアイドルだ。

 

君の天職はアイドルだ。

 

私が好きなのは、アイドルの岩橋玄樹

 

そのアイドルの岩橋玄樹が苦しいなら、アイドルという仮面を取ってもいいよと思ってしまった。

 

きっとアイドルになる前から闘ってきたと思う。だけど、闘いながらもアイドルを選び続けてくれたのは、君の天職がアイドルだからで、そんな君に私は沢山救われた。

 

 

 

 

あの日見た君が最後になってしまうのはあまりにも悲しいから、君の未来をもっと見たいから、“必ず戻って来る”という言葉を信じる気持ちと、これからの君が幸せに生きれるなら、楽に生きれるなら全て捨て去ってもいいよという気持ちが入り混じって、未だに答えが出せない。

 

 

 

帰る場所ができてよかった。

守ってくれる5人が真っ直ぐ優しい人たちでよかった。

また6人に会いたいな。

 

 

やっぱりアイドルの君が大好きだ。

アイドルの君に会いたい。

何年でも待つからね。

 

 

青木滉平くんを見てしまった

 

 

 

去年のある日、私は青木滉平くんを知った。

Twitterで流れてきたその写真には可愛いお顔と「尊敬する人 岩橋玄樹くん❤︎」の文字。

❤︎付けるところが最高だな、なんてその当時は思っていた。

 

 

時は過ぎ2018年10月8日

「Princeの岩橋玄樹くんを尊敬するジャニーズJr.」のことを私はすっかり忘れていた。

初めて足を運んだ日生劇場
初めてのA.B.C-Z
初めてのジャニーズ伝説。

たくさんの期待を胸に席に着いた。始まった瞬間から最高で、もうずっと最高で、最高とはジャニーズ伝説の為に生まれた言葉だなって思っていた。

私が日生劇場に足を運んだのは見たい子がいたから。その子の出番ではないときに出てきた5忍者。

あっっっ!!!私のスッピンを180倍可愛くしたでお馴染みの元木湧くん!!!と思って双眼鏡を構えた。

元木湧くんに限らず、あのラインの子たちは特別な子たちで、Princeの3人以外には絶対に歌われたくないPrince Princessを、あの子たちになら歌われてもいいなって思える子たちだった。

PrinceとPrincessの宝物だけど、私たちだけで完結する歌じゃなくて、あの子たちがいたからこそより魅力が生まれたと思ってるから、そして幾度となく一緒に歌ってくれた子たちの中でも元木湧くんを贔屓にしていた。

久々に見た湧くんはエゲツないアシメで、全盛期のNON STYLE井上か?!?!ってくらいすんごいアシメで、アシメが本体か???ってくらいアシメだった。そしてダンスがバッキバキになっていて、なんかもうお手上げです!!!

 


って思っていた矢先。

 

 

双眼鏡に映り込んできた。

 

 


一目見た瞬間から目が離せなかった。数少ない出番の一挙手一投足を見逃したくなかった。青木くんはずっと正解だった。多分この曲のこのタイミングで、君の尊敬する人も同じような表情をするだろうな、そのタイミングで首をコテンってするだろうな、見れば見るほどずっと正解だった。

幸い、誰かと被ることなく1曲丸々見届けることができた。それからはもうずっと放心状態。すごいもん見てしまったな、これを見た私はどうするべきなんだろうって考えてる間に1幕が終わった。

 


私は「あの頃の玄樹くん」を見続けていたわけじゃないけど、青木くんから「あの頃の玄樹くん」を感じた。とても懐かしかった。

 

 


「玄樹くんに似てるね」
「玄樹くんっぽいね」


今の青木くんにとって褒め言葉かもしれない。だけどいずれは彼を苦しめる言葉になってしまう。だけどあなたが尊敬する人は本当にすごいアイドルだから。青木くんらしさを大切にしながら、玄樹くんを尊敬していてね。

 

 


家に帰って前半誌を見返した。そこに青木くんの姿は無かった。

ああ、そういうところにいる子なんだ。
雑誌に呼ばれるように頑張ろうね、私も頑張るねって思いながらハガキを書いた。

 

 


全然玄樹くんを降りるわけじゃないし、サイコースペシャ食べログ星3つナンバーワンにしてオンリーワンアイドルだと思っています。

私にとっての青木くんはなんなの??
ってここ1週間考えてたんですけど、なんかとにかく売れてほしい!!!あと岩橋担に見つけてほしい!!!多分キンプリアイランドにいるから!!!一目だけでも青木滉平くんを見てください!!!!!!よろしくお願いします!!!!!!

 

 

あともう1つ!!!!A.B.C-Zすごい!!!ジャニーズ伝説すごい楽しい!!!!こんなに楽しいって聞いてないよ!!!!!もうずっと楽しかったしvanilla天才すぎておひねり投げそうになった!!!!vanillaの演出全ジャニーズに見てほしい!!!!五関くん!!!宗教とは聞いてたけどあまりにも宗教すぎない????宗教の度を超えてたよ!!!!TOP of 宗教!!!!あと五関くんすっごいチャーミングで可愛い!!!光一さんと同じ部類の可愛さ!!!!教祖か可愛いかどっちかにしてくれ!!!心がもたん!!!ふみきゅん!!!!いつもありがとうな!!!!あと同じ舞台にほぼ岩橋玄樹がいるから!!!見つけてくれ!!!最後に五関くん!!!!すごい可愛い!!!!!!

 

なにわ男子の丈くんこんにちは!

 

 

 

 

丈くんユニット入りおめでとう〜〜〜🎉🎉🎉

 

 

 

 

 

未だに全く実感はないんですよ〜!クリパの出演者もその他のままだし、Jr.情報局のプロフィールもまだToday's Jr.だし、梅芸の幕が開くまで油断出来ないなーって思います。早く安心したい。

 

 

 

確かにここ数年「推され」だったかもしれない。だけど明らかに「メイン」ではなかった。メインじゃないから立ち位置は三列目だし松竹座で個人フォトセが出ることもなかった。この差が本当に悔しかったし、こっちがいくら推されても上が崩れない限りどうしようもないんだなぁって、ただどうすることもできない現状がしんどかった。

 

 

 

 

 

これは私個人の考えなんですけど、「推され」って言われるのが本当に悔しかった。確かに関西ジャニーズJr.全体を見渡したら恵まれていたかもしれない。だけど、決して順風満帆で、入所してからずっと順調に歩めていた15年じゃない。

 

特にこの言葉に敏感だったのは去年の11月。「リューン」が発表されたとき。推されだから…とか、そもそも松竹座に立ててない人だっているのに…とか。

 

推されだからってもらえたお仕事じゃないから!!舞台を見た上で丈くんと大橋くんが選ばれたんじゃ!!!仮にあのとき全員が松竹座に立てたとしても丈くんと大橋くんが勝ち取ったわ!!!!って思った。2人の頑張りをたった一言「推され」だけで片付けられるのが本気で悔しかった。そんな言葉でしか2人のことを語れないなら一生喋んなって思った。

 

 

 

あともう「もしかしたら今回のステージは8人なのかな…」とか「今回の雑誌で8人について何か言ったらどうしよう…」って気にするがことなくなったのが嬉しい!確かにスキル面では1番レベルが合うかもしれないけど、やっぱりあの春が悔しかったしあんなことになるのは二度とごめんなので!!雑誌で8人での未来の話になった途端2人とも全く口を開かないからこっちがヒヤヒヤしたこととかさぁ〜〜懐かしいね!

 

 

 

 

 

 

誰のファンよりも2人のファンがメインになれない悔しさを味わったと思うし、なにより本人が「三列目の逆襲」って口に出した時からファンの意識も少しずつ変わっていったと思います。知らんけど。

 

やっぱりそうだよね、悔しいよね。ホームに戻っても誰の後頭部も前にない一列目に立ちたいよね。誰かの合間から顔を出さなきゃカメラに映らない位置なんて悔しいよね。本人が「三列目の逆襲」っていうならファンも声を大にしてそれを訴えてもいいよね。

何気なく発した一言かもしれないけど、私にとっては覚悟を決める一言だったよ。

 

 

 

 

リューン後、春・夏と松竹座で見た丈くんはやっぱり三列目で、相変わらず誰かと被って見えない時間がちょっとあって。それがしんどくて、夏の直後に「梅芸でユニット発表とかなかったら個人仕事だけしか見に行かん!」ってツイートしてたんですよ。そしたら梅芸直前にユニット発表されて、そこに藤原丈一郎の名前があって。

 

 

この先どうなるかなんて分からないし、この7人で幸せになるのか、また別れを経験するのか、なーんにも分からないけど、今の私はめちゃくちゃ幸せでやる気に満ちてるよ!!

 

 

 

ジャニーさんが4年ぶりに関西に目を向けてくれた、そこに選ばれた。セリフが一言しかなかったときも、辞めようと思った19歳も、これからも応援お願いしますって泣いた22歳の誕生日も、全部全部これからのためになりますように!丈くん本当におめでとう!これからもよろしくね!!

 

 

そして大橋くん、大吾くん、恭平くん、流星くん、道枝くん、長尾くん!!!!!!

これからお世話になります!一緒にがんばろうね!

 

 

f:id:g1217j0208:20181004214619j:image

 

 

あなたの輝く瞳についてく

終わることのないステージの旅は続くの

 

 

 

 

 

ps.早くメンカラ教えてね!

 

 

丈橋元年

 

 

 

 

 

 

今年の干支って“丈橋”じゃないの???
来年からの元号は“丈橋”じゃないの???

 

 

 

 

 

(違います)(今年は戌年です)(元号は何だろうね)

 

 

 


最近巷を賑わせている丈橋。関西ジャニーズJr.の藤原丈一郎くんと大橋和也くんのシンメを“丈橋”と呼びます。所謂ジョーハシンメ。

 

 

 

g1217j0208.hatenablog.com

 

 

g1217j0208.hatenablog.com

 


丈橋については以前も少し書いたことがあるのですが、新たにこの夏の『少年たち』で丈橋に興味を持った方や、丈橋を拗らせた方、丈橋という小宇宙に迷い込んだ方、大橋くんの年下後輩とは思えないほどの豪快さに驚いた方、丈くんのちょろさにびっくりした方、大橋くんの手によって転がされる丈くんと丈橋担の方、どれにも当てはまらないけど興味本位で覗いてくださった方に、今年がどれほどすごい年か、今年の丈橋エピソードを中心にまとめたいと思います。(本当はここ5年くらいざらっとまとめたかったけど諦めただけです)

 

 

 

 

 

まずは丈橋元年への布石となった2017年の後半をサラッと

 

 

 


2017年
11月5日 藤原丈一郎大橋和也ダブル主演舞台『リューン 〜風の魔法と滅びの剣〜』発表


丈くん「(大橋とは)9年の付き合いなのでベストパートナーとして全力で頑張ります」

 

(丈くんのベストパートナー発言にざわめく関西担)

 

 

 

12月1日 松竹座でのコンサートで初めて2人で曲を披露する(Give me.../北山宏光


あの“国民的元カレ”でお馴染みのKis-My-Ft2 北山宏光くんのソロ曲を歌う丈橋。何かパフォーマンスをするときは絶対に一緒だった2人だけど、“2人だけで”歌ったのはこの時が初めて(なはず)。
ちなみにこの松竹座でのコンサート(通称 クリパ)内で、2人は『リューン』の告知をしていたのですが、「僕、藤原丈一郎大橋和也が…」と大橋くん(小5)がグッダグダな告知をし、その後に担任の藤原先生が今日の出来を評価したりアドバイスをくれたりした。

 

 

12月25日 2人でご飯に行く
丈くん「『リューン』の歌稽古やったので、やむなくクリスマスに大橋と男2人でご飯に行きました!」
f:id:g1217j0208:20180902161003j:image
私「丈くんもっとやむなし感を出したらどう〜〜??☺️☺️」

 

 

 

 

2018年
1/3-1/4 大阪城ホールで「Give me…」披露


その後、『リューン』のお稽古のために東京へ。慣れない東京の地で長いホテル生活。徐々に2人の様子がおかしくなっていきます。ここからはノンストップで行くぜ!!!2018年!!!今年発売された雑誌のインタビュー記事や新聞記事、ジャニーズwebやラジオから!!!とにかく!!!!何にも言わずに!!!受け止めてくれ!!!私が特にやばいと感じたところは太字にしてある!!!みんなやばいと思ったら一旦休憩してくれ!!!行くぞ!!!

 

 

 

 

 

ーおふたりは9年の付き合いということで、パートナーとして心強いですね。
大橋「はい。デレデレの仲ですから。」
藤原「違います。大橋の一方通行です(笑)。」
大橋「丈くんからいつも僕に絡んでくるでしょ。親友であり、頼れる先輩であり、1歳歳上のお兄ちゃんという関係です。」

 

 

 

藤原「俺が演じるリューン・フローと、大橋が演じるリューン・ダイは、幼馴染で兄弟のように仲がいい設定やから、結構掛け合いゼリフが多いんやけど、正直、長ゼリフより難しい…。」
大橋「丈君、いつもなら俺の問い掛けには「うん」とか「おう」でしか答えてくれへんもんな〜?」
藤原「ちゃんと噛み合った会話してるの、久し振りやな(笑)。」
大橋「昨日も稽古終わったら「俺、買い物行ってくるから、戻ったら一緒にご飯食べへん?」って聞いたのに、先に食べてるし…。」
藤原「ちゃうわ!俺は「買い物、時間掛かる?」って連絡したやん。それに返信してこなかったのは、大橋や。」

 

 

 

 

ー作品の中で運命的な関係を演じられるお2人ですが、普段の関係性は?
藤原「すごく仲が悪いです!」
大橋「いやいや、仲良いんですよ!こっち(藤原)から来るんですよ!」
藤原「基本は僕、聞いてる“フリ”なので。」
大橋「いやいや、昨日もね、ホテルの僕の部屋に入ってきて、ずっと部屋にいるんですよ。で、オレの…。」
藤原「ホットアイマスク。」
大橋「を勝手に取ろうとしたから僕、怒ったんですよ。…それだけです!」

(それ多分丈くん怒られたかっただけだよ。ほら、ドMだから…)

 

 

 

 

 


大橋「でも、次に同じ組み合わせでやらせてもらえることがあったら、僕らはかわいい曲をやろうなっていう計画は立ててます。」
藤原「何やるねんやったっけ?」
大橋「『パンぱんだ』です。『僕はパンパン〜♪』くらいかわいい曲をやりたい!」
ー2人でそういう戦略も立てている?
藤原「…大橋くんが(笑)。」
大橋「なんでやねん!一緒にやる言うてたやん!」
ーそう言うお仕事に関する2人の話し合いではサッと結論が出る方ですか?
大橋「いや。」
藤原「自分たちの意見を言い合って、一発目で「いいね」って決まることはまずないですね。しっかりと「オレはこうしたい、こういう衣装でやりたい」って意見を言って、大橋もちゃんと「オレはこうしたい」って言うので。そこでバランスとかも含めて考えて、スタッフさんからもアドバイスをいただいて、2人で「ああ〜そうやな」って納得できたら決まる感じです。」

 

 

 

 

 


ー仕事の話し合いが冷静にできる2人?
大橋「まあ、そうですね。」
藤原「基本は仕事だけの関係です(笑)。今日も、この取材が終わったら僕ら、もう一切しゃべらないですから。」
大橋「しゃべってまーす!しゃべってまーす!むしろめっちゃ話し掛けてくる!ほんま怖いわ〜。読者の方が信じちゃったらどうすんねん(笑)。」

 

 

 

 

 


ー本番期間まで2人でいる時間も長いと思いますがケンカはなさそうですか?
大橋「まあ、ちょこっとした原因を、たぶん僕が作るので(笑)。怒るか怒らへんかは丈くん次第。」

(謎の上から目線)(そういうとこやぞ大橋)

 

 

 

 

 

 

ーおふたりは関西ジャニーズJr.としてとまに闘う仲間であり、ライバルでもありますが、ここは負けたくないと思っている部分があったら教えてください。
大橋「丈くんにいつか勝ちたいのは、しゃべりです。MCなどで誰かがうまくしゃべれないといつも助けてくれて。その姿がカッコいいんですよ。」
藤原「この作品はミュージカルなので歌は負けたくないです。大橋はキーが高くて音域も広くて女性のキーも出せるのがすごい。個性的な歌声が武器だと思うので、一緒に歌う場面では、自分が足を引っ張らないようにしたいと思っています。」
大橋「いえいえ。僕もミュージカルの歌唱シーンは頑張らないと。」
藤原「歌のパートは支えてな。

 

 

 

 

 

 


大橋「『リューン』の稽古中やし、稽古の話する?」
藤原「ホテルは別の部屋やんな。最初『ふたり一緒の部屋にする?』って聞かれたけど、オレがイヤがって」
大橋「でもまだ(東京に)来てすぐやのに、丈くん2回も部屋に遊びにきたやん」
藤原「遊びちゃう、台本を読みにいった」
大橋「そういうふりしてるだけ。最終的に丈くんオレに『帰りたくない…』言うてた!」
藤原「違うやん、それは!眠たなって部屋に帰るのが面倒やから『先に風呂入ってこいよ』って言って大橋のベッドで寝ようとしただけやん。でも全然入らんし」
大橋「だって風呂入ったら、イタズラしてくるやん!」
藤原「なんもしてないやん!」
大橋「まだされてないけど、絶対してくる」
藤原「今は稽古が大変やから、そんなんする気力ないわ(笑)。でも、今のところごはんもずっと一緒やんな。そのうち「月水土はひとりで食べる」とかにしよ」
大橋「そんなこと言って、結局一緒に食べたいんやろ?」
藤原「1回オレひとりで行ったし!」
大橋「オレが買い物してて、ちょっと遅なるわって」
藤原「そう!でも「1時間で戻る」って言うから食べずに待ってたのに、全然連絡こなくて」
大橋「待っててくれたんですよ。かわいいでしょ?
藤原「おかしいやん!1時間で 待ってたのに帰ってけぇへん。遅れる連絡もなし。「今どこ?」ってメールしても無視。絶対試着してるやん(笑)!」
大橋「メール来てるのに気づけへんかってん」
藤原「1時間待たせてこの感じ。反省してへんやろ」
大橋「してるしてる!丈くんごめん、ごめんね❤︎」

 

f:id:g1217j0208:20180902161354j:image

(これぞ丈橋!ってくらい丈橋が詰め込まれたインタビューとお写真でした)(っていうか「かわいいでしょ?」って何?)

 

 

 

 

 

 


藤原「大橋はね、器用なんです。ダンスも歌も、ジャニーズに必要なスキルは身に付けています。ちなみに僕は8歳の時にジャニーズ事務所に入りました。人生の半分以上をジャニーズにささげています(笑)。」
大橋「丈君はオールマイティーです。笑いもできるし、アイドルとしてのきらびやかさも備えています。」

 

 

 

 

 


ー今だから話せる失敗談はありますか。
大橋「テリボーを歌う時に、衣装はサルエルパンツにしてもらったんですけど、足を開いた時に股に穴が開いてしまって。」
藤原「メロンくらいの大きさやったよね。」
大橋「序盤に穴が開いたので、ダンスで股を開くたびに手で隠しながら踊りました。下着も蛍光色だったので大変でしたが、何とか乗り切りました。」
藤原「僕はステージから落ちました。オープニングのクラブメドレーの時です。2階を見ていたら右足を踏み外して。もう恥ずかしくて、横にいた大橋をじっと見つめて助けを求めました(笑)。

 (丈くんかわいい案件

 

 

 

 


ーそういえば同じ靴を履いています。
大橋「そうなんです。丈君が合わせてきたんです。」
藤原「違うんです、たまたまです。僕が先に買って。」

帰りの会でのじょうとかずや)

 

 

 

 

 

リューン東京初日前の囲み取材より
ーユカイは「見ててかわいくて、癒されますよ」と笑顔を見せつつ、「2人ともダンスも歌も炸裂してる」と絶賛。浜崎も「殺陣のシーンがあったんですけど、初めてでなかなか覚えられなくて。2人は激しいシーンなのにめちゃくちゃ覚えるのが早くて、感心しました」と驚いていた。藤原は「2人で踊りをやってたんで、殺陣のシーンは息もピッタリ」、大橋は「目線でね、わかるんですよ」と頷き合っていた。

 

f:id:g1217j0208:20180902161522j:image

 

(シンメなんでね!)(板ばさみ正門)(エンドレスにも注目してください)

 

 

 

 

 

 

 

リューン 大千穐楽に更新された大橋日誌

 

ご飯に連れてってもらって

じょーくん(藤原丈一郎)も

大橋がおらんかったら

ご飯にもいかれへんかったし

カンパニーのみんなと

喋られへんかったわー

って言ってくれた…

可愛いかよ

僕もじょーくんがいてくれたおかげで

緊張せずみんなと喋れたし

安心できたよー

だからいてくれてありがとー

最後の終わりの挨拶も

いつも助かってます笑笑

 

 (いてくれてありがとー) (いてくれてありがとー) (いてくれてありがとー)(ハァ???????)

 

 

 

春の松竹座では2人でジャニーズWESTの「SHE IS MY・・・」を披露します。途中参加にもかかわらずせりを回転させるは上下させるは舞台装置の使い方でベテラン加減を出してきました。(私は今まで丈君が披露した中でシズマイが1番好き)
ここら辺で毎週火曜日18時からFM OH!で絶賛生O.A中の「関西ジャニーズJr.のバリバリサウンド」が放映されます。藤原丈一郎くん、大橋和也くん、正門良規くん、高橋恭平くんがレギュラーを務めているのですが、初回は正門くんと恭平くんがWESTのバックについた為、丈橋2人で1時間を乗り切ることになったのもいい思い出です。

 

 

 

 

この後、2人は揃って『滝沢歌舞伎』への出演を決めます。2018年上半期で、2人が一緒にいない日を数える方が早いってくらいスケジュールが一緒。見学も一緒。

 

 

 

 

 

 


そして全丈橋担がひっくり返った「丈橋野球観戦」

丈くん日誌より

 

 

小島を誘ったが、断られた…
チケットが余るからり誰か空いてるー?って聞いたら、1人だけ空いてるー!と返事がきた。

そー、まさかのあの子である。

 

大橋くん。

 

2人で野球観戦に行きました!

初めてプロ野球を見るらしく、誰が誰とか分かっていなかった。笑

彼の為にユニフォーム・タオルを用意してあげた(笑)

すると、帽子を買い出した(笑)

応援ソングも教えてあげた!

そして、順調と思いきや事件が起きた…

両手がふさがってたので、ご飯を口に運んできやがった。
すると…

俺のTシャツにこぼしやがった‼️

 

 

 

 


大橋日誌

 

 

聞いてください!!!

じょうくん(藤原丈一郎)と

初めて野球観戦したんですよー😄

めっちゃ面白すぎて

次も行きたすぎて、、、

今度は自分から誘おうと思ってます笑笑

一緒に来てくれるかなぁー😊

観戦は家でもできるからいいやーっと

思ってたけど

家とは全然ちゃうくて

選手の名前を叫べば

ドームに響き渡る感じが凄くいいし

隣のおっちゃんと

一緒にハイタッチとか出来るし

一緒に選手の名前を叫べるし

一緒に音の出る風船を飛ばしたり

一緒にダンスを踊ったり笑笑

なんか一緒っていいですよね😄

でも全員の名前を叫んでいたら

左斜めうしろの小学生達に

めっちゃ見られて笑われ

恥ずかしかった笑笑

でもそのあと一緒に

叫んでくれて凄く可愛かったです😆

じょうくんともチケットホルダァー

一緒のにした!

おそろやね😆

 

(一緒っていいよね!の話の流れからのチケットホルダァーお揃い話。伏線回収が見事すぎる)

 

 

 


先ほど書きましたレギュラーラジオ(7/10)でもこの件についてお話ししておりますので、是非なんやらかんやらして聞いてみてください〜!

 

 

 

 

 

 

「少年たち」でまさかの丈橋2人楽屋。

大橋くんから楽屋でのお話を。

 

 

 

あと、楽屋は

じょうくん(藤原丈一郎)と2人や笑笑

最初は嫌がってたけど

まんざらでもない感じ笑笑

ニコニコしてたから☺️

あとはよく僕のロールブラシと

ヘアアイロンをよく使う笑笑

しかもロールブラシいい匂いやねんて

俺がおらん間に匂ってた証拠やな笑笑

ほんま俺のこと好きやねんから☺️


(大橋くんのお誕生日にメッセージを送ったジャニーズ第2位の丈くん)(やっぱり俺のこと好きやな笑笑)(そしてお誕生日はふぉ〜ゆ〜の松崎さんとともに3人でご飯に行く)(ちなみに丈くんのお誕生日前日は丈橋+屋良朝幸くん、浜中文一くん、King&Princeの岸優太くんでご飯に行ってました)

 

 

 

 

 

そして最近の丈橋といえば大橋くんの暴露芸。丈くんにとっての「お前ほんまそれ言うなや!」なことを公の場でバンバン暴露してくる大橋くん。そして暴露された丈くんは急激にトーク偏差値落ちて何にも言えなくなる。あの藤原丈一郎トーク偏差値を2まで落とせのは大橋くんだけだよ。

 

 

 

 

まずはリューン期に出演したラジオ「バリカタ!!!」より


ー今まで知らなかって知った部分とかも増えてくるんじゃない?
大橋「そうなんですよ〜僕のホテルに来るんですよ丈くんが〜」
ー今の大橋くんの言い方やと超嫌がってない?
大橋「ッハッハッハ!嫌がってま〜すッハッハッハ!」
藤原「今の言い方的に語弊がいっぱいある(笑)。部屋に行って練習しようってことを言いたいんですけど」
大橋「いや、聞いてください。違うんですよ。急に寝だすんですよ、僕の部屋で。「帰りたくない〜」言うて。アッハッハ!」
ー甘えちゃってんじゃん(笑)
藤原「次の質問行きましょう。次の質問行きましょう(早口)(小声)」

 

 

 


リューン東京初日前の囲み取材より
ー翌8日に迎える誕生日も「『リューン』のことを考えすぎて」忘れていたというが、大橋から「いつも2月はコンサートがないけど、今回は『リューン』があるからめっちゃ嬉しい言うてましたよ」と暴露され、「お前、こんな時だけ!!」とつっこんでいた。

 

 

 

 

 

少年たち8/9(大橋くんお誕生日公演)
大橋くんがちょっかいをかけた時の丈くんのリアクションの違い
「みんながいるとき〜!オイ!やめろって!やめろって💢みんながいないとき〜!やめろってぇ〜☺️」

 

 

 

少年たち8/23
だーれだ!ってした時に周りに人がいる時といない時の丈くんのリアクションの違い
いるとき
「丈くんだーれだ!」「おい!やめろや💢」
いないとき
「丈くんだーれだ!」「おーはしー♡♡」
(レポしてくださった皆さんがこぞって語尾に♡つけてて怖かった。)

 

 

 


大橋くんの暴露するタイミングが完璧だし、あんなにおしゃべりな丈くんが言葉を失うのも最高。

 

 

 

 

と、ここまで一気に書いたのですが、本当にやばい。まじで今年の干支は丈橋。丈橋元年、皆さんで丈橋にズブズブしましょう。

 

 

 

f:id:g1217j0208:20180902161846j:image

 

 

(前列真ん中の2人、こんな澄ました顔してるけど手を繋いでいます)(え?????)

 

 

微妙な距離感のまま

 

 

 

 

 

 

 

 

この3月に大学を卒業して、晴れて社会人になりました。

社会人になった感想は、今のところ「めっちゃ年金引かれるやん」ぐらいです。

 

 

 

仕事に慣れたような、まだふわふわしてるような、なんとも言えない新社会人の6月。

 

同じく3月に大学を卒業して、社会人になったある人の姿を見たくて御園座に向かった。

 

 

 

 

 

 

出演が決まったのは4月5日。新任者研修の直前にメールが来たもんだから研修内容が全く頭に入ってない。それぐらい嬉しかった。歴史ある作品に出演することももちろんだけど、社会人になってもアイドルを続けてくれる確実な何かをずっと欲していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉を選ばずに言えば、ここ最近で1番扱いが悪いと思う。いや、それですら充分だし文句が言いたいんじゃ無い。あくまでもここ数年の丈くん比での話です。

 

 

 

それなのに割と悔しくない。然るべき舞台で然るべき場所にいるなって思った。歌舞伎ベテランの関東組がいるから、関西の6人が今の位置にいることなんてなんら不思議じゃない。だからこそすんなり受け入れられたんだと思う。これが松竹座だったら暴れまわってるわ!!って位置が多かった。ライトすら当たらない、役としてセリフがあるわけでもない。

 

 

 

 

 

丈くんにとって社会人1年目、1発目の舞台。

 

 

 

この作品でよかったって思った。学生と社会人は違う。社会に出たらまた一から学ぶ。丈くんにとってそんな舞台になったと思う。丈くんじゃないから知らんけど。

 

社会に出て不慣れな環境で、何が正解で何が不正解かも分からない。今まで学んできたことを活かせることももちろんあるけど、新しく学ぶことが多かった2ヶ月。それは私だけじゃなくて丈くんもそうだったんだと思う。

 

 

積み重ねてきたものがおじゃんになったわけじゃない。ただ4月から社会人になったから、私は1番下から、丈くんは1番端から頑張れたらいいなって思った。

 

 

 

 

 

 

観劇中に気付いたことがひとつ。

めちゃくちゃ自分勝手なファンの言うことなので気に留めないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は丈くんに自分を重ねている。

 

 

 

 

だからこそ滝沢歌舞伎での丈くんの立ち位置を受け入れられたんだと思う。我ながら自己解釈が凄すぎてきもい。

 

 

 

 

 

もうすぐ折り返し地点。 

またどこかで会いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

心の支えはたったひとつだけ

あなた あなたで

微妙な距離感のまま 愛してる

 

 

 

f:id:g1217j0208:20180615135219j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、キンプリハイタッチ行く?わたしは行くよ!ごめんね丈くん〜(?)

 

 

 

 

 

 

 

感謝を伝える方法

 

 

 

 

 


雑誌でよく爆弾を落とす人だと思う。

 

 

 

 

 

 

いつかのコメントで「ボクはボクなりに生きるんで、皆さんも皆さんなりに生きてください!」って言ってファンをずっこけさせた人だ。

 

 

 

 

 

 


そんなに構えずに読んだもんだから、読み終わった瞬間にどっと疲れた。

 

 

 


この感覚前にもあったなぁ。
あ、産経新聞のときだ。

 

 

 


と、思った。
2017年1月28日発売の産経新聞で語ったことと重複していたから、というのもあった。

ずっと自分の上にいると思っていた2つ年上の同期、ジャニーズWEST神山智洋くんを一瞬追い抜いた2008年の『DREAM BOYS』の話も、思うような状況が維持出来なくてこの世界を諦めようとした2回生の頃に『寝取られ宗介』が決まって、踏みとどまったことも。なんならオーディションの話だってつい最近もラジオで話していた。

 

 

 

 

 

初めて聞いた話じゃないのにあの頃と同じくらい衝撃を受けていた。

 

 

 

 

 

最近の丈くんを見てたら、トントン拍子だし、推されだなんて言われちゃうのも納得だけど
、圧倒的に“悔しいこととか切ないこと”が多かったと思う。
長くいるからこそ、たくさんの仲間を見送った。その見送った背中は、デビューして輝いてる人なんてほんの一握りで、多くは夢破れて去って行った背中だ。Jr.という枠を通り越してお芝居に引っ張りだこの先輩もいる。辞めていいタイミングなんてザラにあった。だけど、丈くんにとってジャニーズのアイドルは「やっぱり自分のしたいこと」だった。

 

 

 

舞台のセリフが少なくても、後輩の方がキラキラした衣装を着ていても、それ以上に「アイドル」であることにやりがいを感じてくれていた。これからもアイドルを楽しんでね。

 

 

 

 

 

そして案の定、雑誌の中で「ファンの皆様のおかげで〜〜」って言葉は語られなかった。ほんとにこの人は自分を応援してくれてる人をどう思ってんだろう(笑)。何とも思ってないのか、少し照れくさいのか。別にどっちでもいいです。丈くんから感謝されたくて応援してるわけじゃないから。たま〜〜〜〜〜〜ぁにかんじゅ日誌の最後で感謝の言葉をくれる今ぐらいの距離感が心地いいから。

 

 

 

 

 


雑誌の最後、「ファンのみなさんにはぜひ、有言実行する藤原丈一郎を見届けていただきですね!」という言葉で締めくくられている。有言実行することが丈くんにとってのファンへの感謝を伝える方法なんだろう。どれだけ言葉で感謝を伝えるよりも、お仕事とってくる方が難しいことだよね。それが丈くんなりの誠意なら、言葉なんかいらないからこれからもたくさんお仕事とってきてね。無理しないでね。風邪ひかないでね。手洗いうがいはしっかりね。冷房の温度調節しっかりしてね。喉壊さないように保湿してね。

 

 

お体に気をつけて、6月30日まで突っ走ってください。

 

 

 

f:id:g1217j0208:20180603192027j:image