4時まで2分 朝まで5分

玄樹なの?丈くんなの?どっちも好きなの!

20歳の夏を7人の男に捧げた

 

 

I SCREAMが楽しすぎた話をします(1年越し)

 

いつの話をすんねん!!!ツアー終わって1年経つぞ!!!今さらにもほどがあるやろ!!
って自分でも思います。でも私にとってI SCREAMは、担当を投げ捨てて20歳の夏を捧げた特別なコンサートだから!!書きたい!!!私書く!!!

 

 

I SCREAMに行くことになったきっかけは、友人からの誘いです。「ツアー決まった!名古屋あるけど行かん?」みたいな軽いノリでした。その軽いノリに乗った。尻軽Princessは気軽に現場に出向く。そして軽く遠征。(大阪⇄名古屋って遠征なん?ぐらいの気持ち)


キスマイの知識は、顔と名前とメンカラは一致するし有名どころのシングルは分かる。
でもどうせなら!楽しみたい!と思ってアルバム聴いてセトリ分かってからはその曲も聴いて
予習した。
その前から北山くんの「キッ(スだますぃ…)」が楽しみで楽しみで仕方なくって、どうかセトリに入りますように…🙏と思ってたら4曲目だった。脳内でめっちゃ北山シュミレーションして挑んだけど、結果はもう惨敗でした。「キッ」の一音で五万の女を抱ける男は今後現れないよ。「キッ」界の逸材。

 

名古屋1日目が終わった後、本当に楽しくて、「これ明日もっと席近いよ?やばくない?なに?どうする?」ってパニックになりながら挑んだ名古屋2日目。想像以上の近さに笑うしかなかった。
名古屋が終わって数日、本当に楽しくて楽しくて、動画漁ってはどんどん好きになって、こんなに楽しい人たちだとは思わなかったから今まで気付かなかった自分が腹立たしかった。
一緒に行った友達と「余韻すごいね〜〜!本当に楽しかった!」って言ってるうちに東京公演も行くことになった。ちなみに記憶あるうちで東京行くのはこれが初めて。私の東京処女は自担じゃない人たちに奪われた。いや〜〜、でもあれはいい奪われ方だよ!!完敗!!!


と、言うように他担のくせして名古屋2日と東京ラストに行った。本当に楽しかった。メンバーも、セットリストも、演出も、そこにある全てが楽しかった。私に夏を与えてくれた。

 


ここからは一人ひとりの雑感を。

 

①思ってたより小さい北山宏光
ほんっっっっとうに想像の0.7ぐらいしか身長無かった!!ごめんねみっくん!!ヒール履いたら抜かしちゃうの!!
リーダー的存在でよく喋る人ぐらいのイメージだったけどすごいね!!!圧倒的なパワーでこっちをねじ伏せて来た!!!夏のみっくんが最高すぎて、そろそろ夏の季語に「北山宏光」が仲間入りしそう。あの夏の楽しさも切なさも儚さも作り出したキスマイジェットを取り入れたすごい人なのにお顔がアホみたいに可愛い。すっごい可愛い。そんなに可愛いお顔だもんそりゃ神様も身長それぐらいに設定するわ!!って神の設定に賛同した。なんかもうすんごいアイドルが、Kis-My-Ft2が楽しいんだろうなって初対面ながらに感じました。そのあと1万字とか読んだけど、思考が好きなアイドルだなって思いました。中居くんの精神が好きだからみっくんの精神も好きに決まってるじゃねえかバカやろー!!

 

ぴゅあぴゅあ☆エンジェル 千賀健永
この世にも天使がいたのさ…ってまっすーが歌い出すぐらい天使だった。名古屋でファンのみんなに\おかえりー!!/って言われた後のお顔が天使だった。完全に天界からおいでになってた。天界からおいでになってる千賀くんはそのピュアさのあまり下界の人間の邪悪な心を打ち砕く。あの悪ガキくそがきニカちゃんをあんなに素直にさせられるのは千賀くんが天使だからだよ。
あの夏の私はニカ千が楽しみで、どのレポよりもニカ千をくれ!!今日はどんなやりとりがあったんや!!ってニカ千の取り立て屋みたいになってた。こちらの想像の遥か上空を行くニカ千がすごく好きだ。運命も偶然も必然も前世も全部引き寄せる2人を見つけてしまった。東京ラスト、いつものところで千賀くんが「いつも俺から言ってるから、今日は二階堂が言って?」って言い出したとき、ピュアな策士は怖いな〜〜ッ!MCの怪談より怖いわ!ってなったけど本当に怖いのはソロ曲終わりに舌舐めずりをする千賀くんが圧倒的に怖かったです。団扇買いました。(ちょろヲタ)

 

③世界一かっこいいヲタク 宮田俊哉
そして世界一優しいヲタク。宮田くんの優しさがなかったら血みどろの世界になってるよ危ない危ない。
I SCREAMで私が1番楽しかったのが宮田くんのソロです。ハロプロ生まれ、ハロプロ育ちの私はまさかジャニーズの現場でサイリウムを振るのは思わなかった。『最後もやっぱり君』でつんく♂曲聞けたり、サイリウム振れたり、ハローの現場も楽しめた感がすごい。名古屋から東京までそんなに公演数があったわけじゃないのにどんどん増えて行くオレンジのガチ勢を見て、嬉しそうな顔してる宮田くんは王子様だった。


④母性本能を持って行く男 横尾渉
『最後もやっぱり君』のラスト、立ち位置どんぴに来た横尾さん。ちゃんと音程取れるように、リズム取れるようにこっちも必死にペンライト振った。横尾渉が歌いやすい世界を友達と作ろうとしたの本当に意味不明。名古屋1日目の棚ボタ序盤のセリフ、『どうしたのーー!』になっちゃったとこで笑い崩れた。待って何この人面白い。コンサートに行くまでのイメージを裏切ってきたメンバー第1位です。合間に放り込んでくる一言が面白い。OPVの最初のキャーーはどのメンバーも同じ大きさにしろって言えちゃうのずるい。

 

⑤誰もがこの星の大切な Princessたいぴ
たいぴを中心に6人の男がいる世界だった。でも想像以上におっちょこちょいで、おてんばPrincessだな〜現代版ハイカラさんが通るじゃん!って思った。名古屋2日目、本当にハイテンションで、ずっと喋って笑ってたから周りがざわついてて気まぐれプリンセスだった。モーニング娘。気まぐれプリンセス歌ってほしい。パフォーマンスでもMCでもKINGとPrincessを巧みに使いこなす器用さがすごいなって思います。AB型の二重人格を上手いことアイドルに持って来てる感。二重人格ではない。あと想像以上にわたたいが怖かったです。


⑥おっとりほんわか 玉森裕太
名古屋1日目、スクリーンに抜かれるだけで「可愛い〜〜!」「キャーー!」って言われてるのを見て、顔が可愛いのは分かるけど映っただけやん!って思ってました。東京最終日、スクリーンに抜かれる玉森くんを見て「可愛い〜〜😂」ってなりました。顔がすごい可愛いと思いきやマイペースだし面白い。えっ、関東グループのエースで面白いって新感覚…何この人…。考えに考えて面白いことを言うんじゃなくて、パッとインスピレーションで面白いこと言っちゃうからずるい。先天性面白い。
東京最終日、「行くぞ東京!」って叫んだところがかっこよすぎて腰が砕けた。すごいエース。おっとりほんわか玉ちゃんも、男・玉森も、宮田の嫁・ゆうちゃんもぜーーんぶ、可愛いしかっこいいし何をしても許させる。許させる。


⑦かっこいいだなんて聞いてねえぞ! 二階堂高嗣
I SCREAMに行く前、友達にオススメされて聞いていた『Double up』の頃から薄々感じてたけど、二階堂高嗣はかっこいい。まず骨格がかっこいい。ハスキーな声もかっこいい。生まれ持ったかっこよさがすごい男だ。私のイメージは“舞祭組のニカちゃん”だったから本当に裏切られた。でも“舞祭組のニカちゃん”もきちんと見せてくれる。舞祭組のこと、SMAPのこと、中居くんのことを好きで、大切にしてるんだなってそれがとても嬉しい。これはニカちゃんじゃないけど、見るたびにジョッシー可愛くなって行くね???森玉となんかあった???

 

 


福岡2日目、I SCREAMオーラス。この日は色んなことがあった。Kis-My-Ft2を心配する声が多かった中、全てを跳ね除けた7人は本当に強かった。夏を楽しませてくれたこと、関わりがある後輩として遠回りしながらも言及してくれたこと、たくさんのことに感謝して遅れながらもアルバムを買った。もちろんDVDも買った。今までで1番発売が待ち遠しかったのがI SCREAMだなんて本当に軽率だなって思う。だけど、私の夏を捧げたんだもん。

 


この夏はご縁が無くて行けなかったけど、冬にドームで会いましょうね!!ドームで!!会いましょう!!