4時まで2分 朝まで5分

玄樹なの?丈くんなの?どっちも好きなの!

22歳の藤原丈一郎くんへ

 

 

 

 

 

 

 f:id:g1217j0208:20180207153541j:image

 

 

 


2018年2月8日、22歳のお誕生日おめでとうございます。こんなおめでたい日に丈くんの勇姿を見られることをすごく嬉しく思います。

 

 

 

 

 

 

 

丈くんのことを見れるのはあと3回かぁ。早く見たい!という気持ち以上に、見れなくなってしまう時間が近づいて来ていることへの悲しさが今は勝ってしまいます。

 

 

 

 


初めての座長が外部舞台というプレッシャーは到底計り知れない。分かり合える人もベストパートナーとはいえ後輩だし歳下だから、俺がしっかりしやんと!ってまた何かを背負ってるのかなって思います。今まで私たちファンが見たキラキラした丈くんは氷山の一角で、ここに至るまで本当に苦しんだと思います。でも表ではなんてことない顔して、そんな素振り見せないんだから本当にずるいし、そういうところが大好きです。

 

 

 


丈くんの強みは、丈くんのファン以外の方もたくさん丈くんを好きでいてくれることだと思います。丈くんの今の立ち位置に、何でそんなとこいるの?って疑問を抱いてる他担の方を見るたびに本当に共感したし、その疑問を抱かせる丈くんは世界一かっこいいと思ってます。でもそれは丈くんの人柄が、今までのお仕事に取り組む姿勢が伝わったからだよ。至極当然でもあるなって少し鼻高々です。周りの先輩だってみんな丈くんを応援してくれてる。丈くんに対して、大多数が好意的な意見しか言わない。1番近くにいる関西Jr.の仲間だってみんな丈くんを褒めてくれる。実力だって、人柄だって全部全部認められてる。だけど丈くんにとってそんな意見は耳に入らないのかなって少し思います。自分に向けられたプラスの言葉より、マイナスの言葉を受け取って、抱え込んでしまいそうで心配です。100褒められても0.1否定されたら、その0.1だけをずっと考えてしまいそうな気がして。もっと気楽に、自分対するプラスを受け取ってほしいです。

 

 

 

 

 


たくさんの背中を見て来た丈くんだから、その背中の行く先を見て自分の将来に期待を抱いたり、不安になったり、諦めてしまおうと思ったことも数えきれないくらいあったと思います。進学とか辞めても納得されるタイミングだってあっただろうし、本人だって「これが無理だったらもう辞めよう」と一度は覚悟したことを口にしています。それでも諦めずに舞台で輝き続けて、這い上がって主演舞台を掴んだ丈くんは世界一かっこいいです。
2017年11月5日、本当に笑っちゃうくらい浮かれてたし、気を引き締めなきゃ頬が緩むくらい嬉しかった。主演になったら新聞記事になるんだ、いろんな媒体でインタビューされて、一緒に主演を務める大橋くんと今まで載らなかったような雑誌にも載るんだって考えたら本当に嬉しかった。今までにないページ数でたくさんお写真を載せてもらったり、大橋くんとの対談で新たな一面が見られたり、あのPON!のスタジオに呼んでいただいて宣伝したり、これが主演なのか!!って本当に嬉しかったし誇らしかった。こんな幸せな気持ちを味わわせてくれたのが丈くんって私はとことん幸せ者です。

 

 

 

 


2017年に掲げた目標を悉く達成したから、2018年の目標も全部達成してください。達成出来ると思った目標しか私たちには知らせてくれない人だと思ってます。だから、今年掲げた目標は丈くんにとって“射程圏内”な目標なんだろうな。ラジオやテレビでレギュラー持つのも、野球関連のお仕事も、グッズを出すのも(これはもう叶った)、コンサートでソロ曲歌うのも、舞台2本出演も、全部射程圏内に入ってるんだろうな。

それと同時に、何か発言すればファンの人が動いてくれることも知っているんだと思います。こんなに目標を具体的に発言してくれたら手紙も書きやすいしメールも送りやすいよ(笑)。夢を叶える為の手助けをさせてくれてありがとう。自分一人で突っ走るんじゃなくてファンにもきちんと背中を押させてくれてありがとう。

 

 

 

 



 


4月以降社会人になったら関西の現場には行けないし、そもそも休める気がしない。他の現場すら行けなくなるんじゃないかって危惧してる。現場に行けなくなったらテレビやラジオでしか丈くんの声を聞けないし、動いてるところも見れない。だからこそテレビやラジオでレギュラーを獲得したい!と言ってくれたのが嬉しかった。私が現場に足を運べなくなるタイミングでテレビやラジオに進出しようとするの、私に唯一残された丈くんを見る方法と丈くんの夢が一致した気がして嬉しかった。割と本気で「OH!ソレ!み〜よ!」の重岡くんの枠がほしい。丈くん以外ありえないと思ってる。重岡くんも丈くんになら任せられるでしょ?

丈くんは今出来る全てを費やしてお仕事してるんだから、私だってお手紙もハガキも要望メールも出来る全てを費やして応援したい。丈くんが活躍できる場所を今よりもっともっと増やしていきたい。それしか出来ないんだよ。これから先、ライブに足を運んで「あなたを応援してる人はここにいますよ」って分かりやすく伝えられないし、グッズすらも買いに行くのが難しくなる。ファンとしての存在価値が見出せないし、こんなファンならいなくてもいいかもしれない。これから先、手紙やメールやハガキで丈くんを応援するのはほぼ自己満だし何の意味も無いかもしれない。でもその自己満が実を結んでお仕事が増えたらこっちのもんじゃん???っていうか丈くんのもんじゃん??

 


次見に行けるのはデビューした時だと思います。デビューしても見に行けないかもしれないけど。私が見に行けるからとか関係なく、藤原丈一郎くんはデビューしなきゃいけない人だ。丈くんがデビュー出来ない世界なんていらないし、そんな世界なら無くてもいいよ。重い女みたいな事言っちゃったけど、でも丈くんってそれくらいのアイドルなんです。どこにいてもファンの人から見たらセンターだよって、確かにそうだしアイドルがそういう気持ちでお仕事をするのは素敵なことです。でも私は誰の目から見てもセンターにいてほしいです。

“3列目の逆襲”、嬉しいけどやっぱり悔しいなぁ。3列目にいなきゃいけないことを丈くんにも悔しいって思っててほしいな。大阪戻っても1列目に立とうね。ソロ曲にバックで他のJr.つけるぐらい突き進んでほしい。もうメインのバックなんかしなくていいくらい、沢山の曲を丈くんがメインで歌えるようになってほしいです。

 

 

 

 

正直この春に対しての不安は全然拭えてないし、この春を越えたとしてもずっとずっと不安は続くと思います。あんなちっちゃかった丈くんももう社会人になるんだね。大好きな横山くんがデビューした年齢に追いついちゃうんだよ。丈くんの人生は丈くんのものだから、丈くんのしたいようにすればいいし、私もいつその時が来てもいいように出来ることはしようと思います。お仕事の幅が広がって丈くんが「もうちょっと頑張ろう」って思えるように、その「もうちょっと頑張ろう」が続いた先に大きな幸せがあることを祈っています。

 

 

 

 

 

 

 

這い上がってきた先に何が見えたんだろう。明るい未来が見えてたなら嬉しいなぁ。少しでも希望を抱けてたらいいなぁ。

これからもお身体に気をつけて、たくさんの愛を受け取ってください。

 

 

 

 

 

f:id:g1217j0208:20180207160705j:image

 

 

 

世界の神様たちよ

彼はいい人よ

だから絶対幸せに 

そして私も便乗で Happy

 

 

 

2018.2/8 Happy Birth Day Joichiro!